会社を設立するとき、相談するべき専門家は?

ホーム >会社を設立するとき、相談するべき専門家は?

会社を設立するとき、相談するべき専門家は?

2019.6.16コラム
会社を設立するとき、相談するべき専門家は?


最近、会社を新たに作るお客様のお手伝いをさせていただくことが多く大変嬉しい限りです!
よく聞くのが「だれに相談していいのかわからず、とりあえずHPに載ってたから来てみた」という声です。

確かに、司法書士、税理士、社労士(社会保険労務士)、行政書士など「士」のつく仕事の分野って
業務範囲があいまいで、分かりにくいですよね。

本日は、会社設立に関わる専門家についてお話ししたいと思います。




「士」のつく専門家の業務範囲は…?

会社を設立するときに「士」のつく人達がかかわる分野は、

とても簡単に説明すると……

  • 税務関係の書類の作成や計算に関することは「税理士」

  • 社会保険や厚生年金などに関することは「社労士」

  • 飲食業や建設業などを始めるときは一定の「許可」が必要です。その許認可関係の手続きをしてくれるのが「行政書士」です。

  • 会社を設立するには「登記」が必要です。(車や家も、買ったときに届けをして登録手続きをしますよね。それと同様、会社を作るときも登録(登記)する必要があります)その登記の代理手続きができるのが「司法書士」です。



自分で手続きして、失敗!?


これらの手続きは、自分でやろうと思えばできます。

最近は、自分で登記や税務関係の計算ができるサイトやソフトが色々出ていますし、
スタートアップでお金を無駄遣いしたくないということで、
ご自身で手続きされる方もいます。

ただ、これには注意が必要です。

自分で手続きすると、失敗することがあるからです。

例えば、会社を作るときに助成金・補助金が出る場合などがあります。
この部分って専門的で、自分では制度を理解して、網羅することが大変です。

また、登記についても同様です。
登記をする時は同じタイミングで「定款(会社の規定が書かれたもの)」を作成する必要があります。
将来的に人を増やしていく予定があったり、
仲間同士で会社始める場合は
定款の内容をしっかりと構築しないと後々トラブルの種になります。




登記費用はそんなに変わらない

ちなみに「株式会社の登記」について
実は、司法書士に頼んでも、自分でやってもそこまで
費用が変わらないのです。

例えば……
株式会社を資本金500万円で設立しようと思ったら


当事務所で手続きすると……合計26~28万円
(内訳)
・司法書士報酬6~8万円
・登録免許税 15万円
・定款認証費 5万円

自分で手続きすると……合計24万円
(内訳)
・登録免許税 15万円
・紙定款に貼る印紙代 4万円 
・定款認証費 5万円

司法書士事務所のように、電子定款を作成できる環境が整っていれば4万円は不要です
一般の方でも環境を整えることはできますが、手間や費用が掛かりますので意外と大変です




結局、誰に依頼する?

そして、タイトルに戻りますが
会社を起業しようと思ったときに、誰に相談すべきか……

正直、最初に相談するのは
「税理士」「司法書士」「社労士」「行政書士」誰でも大丈夫です。

ただし、会社を作った後も長く付き合いを続けていくこともありますので
自分にあう人を選んでくださいね(^^♪

ちなみに当事務所にご依頼いただいた場合はお客様に合った専門家を
お繋ぎすることもできますので、お気軽にご相談ください。


当事務所の「会社設立」手続きの詳細はコチラから
お知らせ一覧へ

受付:午前9時~午後7時 火・水休み

03-6877-0213

メールで
お問合せ・ご予約

文字サイズ

標準